協会

HOME | 協会

目的

 聴覚障害者に豊かな知識と正確な情報の提供を行うとともに、会員相互および一般社会との連帯を深め、聴覚障害者の社会参加を円滑に進めることを目的とする。

協会について

 1947年(昭和22年)1月3日に結成され、1991年(平成3年)4月1日付けで三重県知事が社団法人として認可され、2014年(平成26年)4月1日に一般社団法人に移行した聴覚障害当事者の法人団体です。
 ろう者と支援者がお互いに助け合って仲間を広げ、結成以来75年にわたって聴覚障害者の社会参加と平等のために運動を続け、さまざまな権利を勝ち取ってきました。
 2012年(平成24年)4月1日には長年の運動が実り、聴覚障害者情報提供施設である三重県聴覚障害者支援センターが津市に設置され、当協会がその指定管理者となり、更なる聴覚障害者の福祉向上に取り組んでいます。
 三重県手話言語条例は、聴覚障がいの有無にかかわらず県民が相互に人格と個性を尊重し、安全かつ安心して暮らすことのできる共生社会の実現を図るために議員提案条例として2016年(平成28年)6月30日に制定され、翌年4月1日に施行しました。
 2020年(令和2年)5月に金曜動画inユーチューブ掲載を、2021年(令和3年)3月に「遠隔手話通訳サービス事業」、2022年(令和4年)1月に手話通訳者を付けた運転免許更新講習「特定任意講習」がスタートしました。

活動

/ 私たちの活動

活動

<2021年度 三重県聴覚障害者協会の運動方針>

1.権利

①県内各市町の手話言語条例制定を積極的に支援

②差別解消や合理的配慮がなされる社会づくりに向けて、聴覚障害問題への理解促進

③「手話マーク・筆談マーク」の普及

2.手話言語

①三重県手話言語条例で求められる施策の完全実行

②手話通訳者・要約筆記者・手話奉仕員・盲ろう者通訳介助者の養成や派遣など、意思疎通支援事業の周知と拡大

③手話通訳者・奉仕員養成講師や国体・大会情報支援ボランティアの養成

④聴覚障害問題や手話などに関わる出版物の販売促進

3.生活

①ろう教育の充実を求め福祉や労働・教育問題に取り組む

②アイ・ドラゴン4等の日常生活用具給付の拡大

③ろう児・高齢ろう者の豊かな文化的生活の支援

④三重県聴覚障害者支援センターの運営管理及び発展

⑤災害時に被災ろう者への支援を行える体制を確立

4.仲間

①会員拡大(目標300名)への取り組みと、会員及び賛助会員へのサービスや支援の提供

②ろう者文化祭と手話フェスティバルの継続・発展

③文化活動やスポーツ活動を奨励

④日聴紙やみえデフNEWS、MIMIの購読者拡大

⑤三重通研・県サ連・三重難聴・全要研三重支部・三重要連との連携

⑥とこわか大会情報支援ボランティア600人の任務後、意思疎通支援者への増加に導く

⑦東海聴覚障害者大会、女性部東海幹部研修会及び東海女性討論会の開催成功

LinkIcon2022年度三聴障協リーフレット

事業

一般事業

会員への情報発信、機関紙の発行事業、各種行事の開催(福祉大会、手話フェスティバル、スポーツ大会、ろう者文化祭、学習会など)

出版事業

手話に関する書籍、DVD、ビデオやろう運動に関する書籍の販売

委託事業

障害者スポーツ大会選手育成強化事業
指定管理者委託事業・・三重県聴覚障害者支援センター

その他

専門部(体育・青年・女性・高齢)事業、共同委員会・小委員会活動など